【連載記事 情報編】情報は最大の資源

情報は最大の経営資源 情報編

情報編は2016年6月から9月までMPメルマガで連載された記事のリライト版です。経営における情報の大切さについて解説しています。

情報は最大の経営資源

一般的に経営資源と言えば何でしょうか?

内山:「人・物・金ですね」

そう。その3つが代表的な経営資源としてよくあげられます。しかし、もう一つ重要な資源があります。それが『情報』です。情報は人・物・金と違って目には見えませんが、最も重要な資源です。なぜなら、人や設備、金を豊富に持っていたとしても、情報が不足していたらそれらの資源を有効に活用することが出来ないからです。

岡崎:「確かに。人や設備があってもそれを何に使うべきかという情報が無かったら活かせないな」

そうです。だから、情報はその他の資源を有効活用するための鍵となる重要な資源なのです。

優秀な会社ほど情報の感度が高い

優秀な会社ほど、経営者の方や社員の方々の情報の感度が高く、日常的にあらゆる情報を集めようとしています。

内山:「そうですね。この会社優秀だな~って思う会社の経営者さんや社員さんは皆が知らない情報を多く知っていたりしますからね」

一方、業績が悪い会社は情報への感度が低い傾向にあるように感じられます。皆が知っていることを知らなかったり、周回遅れで情報を仕入れたり…。

岡崎:「感度が低いから業績が悪くなったのか…。それとも、業績が悪くなったから情報への感度も低くなってしまったのかは分からないけど、いずれにせよ情報への感度と業績は相関性がありそうだな」

情報はすぐに増やせる

さて、ここで質問ですが、情報と人・物・金との大きな違いは何だと思いますか?

内山:「うーん。人・物・金は目に見えるからどれくらい持っているかを把握しやすいけど、情報は目に見えないからそれが出来ないとか?」

それも大きな違いですね。もう1つ大きな違いがあります。

岡崎:「人・物・金は増やすのに時間が掛かるけど、情報はその気になればすぐにでも増やすことが出来る」

そうです。人・物・金といった経営資源は増やすのに時間もお金も掛かります。しかし、情報に関してはやる気になって行動すれば、今からでもすぐに増やすことが出来ます。これは大きな違いです。

内山:「中小企業を経営していると経営資源の少なさに嘆きたくなることが多くありますけど、情報なら行動次第でどんどん増やすことが出来るので、せめて情報という資源だけは充実させていきたいですね」

情報編連載記事
シェアする
スポンサーリンク
けいなび