【連載記事 ロジカルシンキング編】問題解決の基本 ~「だから何?どうなる?」という問いかけ~

問題解決の基本 ロジカルシンキング編

ロジカルシンキング編の第1回目で『なぜ?』を考えることについて書きましたが、今回は論理的に物事を考えるために、『なぜ?』とセットで使いたい言葉について書いていきます。

問題解決をするための基本の言葉

『なぜ?(Why?)』が問題の原因を探るためのキーワードであるのに対して、問題の解決策を探るキーワードとして『だから何?だからどうなる?(So What?)』という言葉があります。

この『だから何?』という言葉ですが、どのように使うのかと言うと基本的には『なぜ?』と同じです。何らかの問題点とか、現象とか、行動とかに対してこの質問を繰り返します。

例えば…
奥さん:「最近、スーパーの野菜の値段があがってるのよね…」
旦那さん:「だから何?」
奥さん:「うん。だから最近食費が上がってるの」
旦那さん:「だからどうなるの?」
奥さん:「家計がちょっと厳しいのよね~」
旦那さん:「そう、だからどうするの?」
奥さん:「だから、あなたのお小遣いを来月から減らすことにする」
旦那さん:「え!!!」

このような感じで使います。

内山:「岡崎家で良く聞く会話ですね」

岡崎:「…」

ということは、岡崎家では結構ロジカルにお小遣い交渉が繰り広げられているようですね。ロジカルな考え方が出来る奥様を持つと旦那さんは大変です。

岡崎:「うるさい!ほっとけ!!」

『なぜ?』と『だから何?』はセットで身に着ける

さて、今回のテーマになっている『だから何?』という問いかけですが、これは『なぜ?』という問いかけとワンセットで身に付けて頂きたいです。

というのも、どちらか片方だけだと…
『なぜ?』だけ出来る→頭でっかちで行動が伴わなくなってしまう
『だから何?』だけ出来る→問題の深堀が出来ず、考えが浅くなる
からです。ロジカルシンキングの能力を付けたいなら、この二つはセットで身に付けていきましょう。

内山:「問題の原因を探ることが出来ても、その解決策を考えることが出来なかったら意味無いですし、解決策を思いついてもそれが原因を潰すものでなかったら的外れになってしまいますからね」

ちょっとひと工夫

ちなみに、この『だから何?』という言葉ですが、使う時には少し言い方に工夫をすると効果的です。

例えば…

現象を聞くとき→「だから”どうなる?”」
行為を聞くとき→「だから”どうする?”」
目標・希望を聞くとき→「だから”どうしたい?”」

みたいな感じで、「だから」の後を変えてあげると、質問された方は的確に答え易いです。

岡崎:「こういったちょっとした言い方の工夫で、問題の解決策がすぐに見つかったりすることもあるので、是非お試しあれ」

ロジカルシンキング編連載記事
シェアする
スポンサーリンク
けいなび