【連載記事 事例 サウスウエスト航空】 航空業界の異端児#03 不可能を可能にする「奥義10分間ターン」

サウスウエスト航空のビジネスモデル研究 サウスウエスト航空

前回の記事でも書いたように、サウスウエスト航空はB737という1種類の機種しか保有していません。運航する機種を1機種に絞ることでメンテナンスや運航管理に掛かるコストを減らすことが出来るメリットはあるものの、乗客数が増えたときの対応には課題が残ります。では、サウスウエスト航空はどのようにこの課題を解決していったのでしょうか?

乗客数が増えた際の航空会社の対応

では、まずは通常乗客数が増えた場合に航空会社はどのような対応をするのかを考えてみましょう。まず考えられる対策としては機種の大型化です。大型の機種に変えればそれだけ座席数も増えて多くの乗客を乗せることが出来るようになります。

内山:「だけど、サウスウエスト航空は大型機を持っていないですよね?」

そうです。ですから、乗客数の増加に対応するためには運航する便数を増やさなければなりません。ただ、そうなってくると増便した分だけ、より多くの機体が必要になります。ということは、それだけ機体の購入コストや管理コストが増えるわけです。

内山:「普通はそうなりますよね。だから、B737を何機も運用するよりも大型機を1機運用した方が有利な気がするんですけど…」

普通に機体を運用したらそうなります。だけど、もし機体を増やさずに増便出来たらどうなるでしょう?普通に考えたらそんなことは無理だと考えます。しかし、サウスウエスト航空は普通の会社ではありません。航空業界の常識とはかけ離れたことをやってのけました。

10分間ターン

内山:「何をしたんですか?」

岡崎:「10分間ターンだよ」

内山:「10分間ターン?何ですかそれ??10分で機体を180度回転させるってことですか???」

岡崎:「そうそう。サウスウエストのスタッフは10分で機体の頭とお尻を反対にすることが…。って、違うわ!」

ベタなノリ突っ込みでしたね…。冗談はさておき、10分間ターンとは文字通り飛行機を10分で折り返し運転させることです。飛行機が到着して10分間でまた出発するから10分間ターンです。

空港に行って飛行機の発着の様子を観察していると分かりますが、飛行機が到着してから再び出発するためには結構時間が掛かります。

岡崎:「出発ゲートで待ってると『飛行機はあるのに何ですぐ飛ばないんだ?』って思うことあるな」

なぜそんなに時間が掛かるのかというと、飛行機の到着から出発までの間には
・乗客を降ろす
・貨物を降ろす
・機内の掃除をする
・座席の備品を補充する
・機内食などを積み込む
・給油する
・機体の点検をする
・貨物を積み込む
・乗客を乗せる
という一連の作業をしなければなりません。これにどうしても時間が掛かってしまうのです。大体1時間くらいは掛かるでしょうか?

内山:「それだけのことをやらなければならないなら、時間が掛かるのは仕方がないですね」

そう。普通は仕方がないことだと考えます。飛行機の到着から出発までは時間が掛かるのが航空業界の常識でした。しかし、サウスウエスト航空はそうは考えませんでした。代わりにこう考えました。「機体を10分で折り返すことが出来れば、少ない機体でも多くの便数を運航出来るようになる」と…。そして、それを実現してしまいました。

内山:「どうやって?」

サウスウエスト航空は10分間ターンをどのように実現したのか?

内山さん。内山さんの会社では仕事を早く終わらせようと思ったら何をしますか?

内山:「うーん。無駄な工程や作業を無くすかな…」

それも大切なことですね。とは言っても、無くすことが出来る工程や作業には限界がありますよね?そうなった場合はどうしますか??

内山:「そうだなぁ。そうなったら人を入れるしか無いですよね」

だけど、そうすると人件費が上がってしまいますよ。

内山:「そうですよね…。うーん。どうしたものか…」

岡崎:「だったら手が空いている人が手伝うようにすれば良い。そうすれば人件費が増えることも無い。人件費を増やさずに機体の運航回数を増やすことが出来れば、それだけコストも下がる」

内山:「いや~。それはそうですけど、そんなに簡単には…」

サウスウエスト航空は岡崎さんと同じことを思いつき、そして採用しました。

内山:「えー?」

マジです。例えばパイロットやCAさんはフライトが終わってしまえば手が空きます。なので、サウスウエスト航空のパイロットやCAさんはその時間を使って機内の掃除を手伝います。今ではLCCでCAさんが掃除をしたりしますが、当時の常識では考えられないことでした。でも、サウスウエスト航空のスタッフは業界の常識に捕らわれないやり方で、誰もが無理だと思った10分間ターンを実現しました。そして、少ない機体数で多くの便を運航することに成功しました。

このようにサウスウエスト航空は業界の常識に捕らわれない独自の発想と創意工夫で数々の偉業を成し遂げてきたのです。