【組織 #02】組織の3つの基本形 機能別組織・事業部制組織・マトリックス組織

けいなび研修

会社の組織の形には大きく分けて3つの基本形があります。今回はそれぞれの組織形態の特徴とメリット・デメリットについて解説をしていきます。

機能別組織

最も一般的な組織の形が「機能別組織」です。機能別組織では「営業」「製造」「経理」「人事」などの機能ごとに部門を作って組織を形作ります。部門ごとに同じような仕事を担当する人たちが集まるので各部門にその分野のスペシャリストたちが集まっているイメージです。

機能別組織

機能別組織

機能別組織のメリット

機能別組織は各部門が自分の専門分野の仕事に特化するので、仕事が分業化されて業務の効率を高めやすいというメリットがあります。

また、各分野の仕事に長けた人たちが同じ部門に集まるので、専門知識やノウハウの蓄積が行われやすいということも大きなメリットです。

機能別組織のデメリット

一方、デメリットとしては、同じような仕事をしている人同士が集まるため、仕事の視野が狭くなり偏った発想や考え方なる恐れがあります。営業は営業の発想しか出来ない。経理は経理の発想でしかものを言わないといった具合ですね。

また、部門間の調整に時間が掛かるため、意思決定が遅くなるということもデメリットです。例えば、ある全社が関わるような仕事の企画を出すときときに、まずは自部門の長の了承を得て、その後部門長間で調整をしてもらってから経営陣に上げて…といった煩わしさが機能別組織では発生します。

機能別組織に適した会社

このような特徴があるため、部門別組織は比較的変化が少ない業界や業務効率や人材の能力向上を図りたい、または取り扱っている商品や事業が少ない会社向けの組織形態だと言えます。

事業部制組織

機能別組織が機能を軸に組織を構成しているのに対して、「商品」や「地域」「業界」といった軸で組織を構成しているのが事業部制組織です。事業部制組織では事業部長をトップにして同じ事業部門内に営業・製造・開発などの複数の機能が存在します。ですから、事業部制組織はその部門でビジネスを自己完結出来るようになっています。事業の範囲が広い企業では広く採用されている組織形態です。

事業部制組織
事業部制組織

事業部制組織のメリット

事業部制組織のメリットは意思決定の早さにあります。会社にもよりますが、事業部長に大きな権限が委譲されているのであれば、機能別組織よりも素早い意思決定が出来ます。

同じ部門内に様々な仕事をしている人がいるので、発想が柔軟になるということもメリットです。

他にも、事業部門でビジネスを自己完結することが出来るので、ビジネス感覚を養うことができ、マネジメント人材や将来の経営者育成にも適しています。

また、事業部門ごとに採算を出すことが出来るので事業ごとの責任や会社への貢献度合いを明確に図ることが出来ます。事業部門ごとに競争意識が醸成され相互に競い合う環境を作ることが出来るということもメリットだとされています。

事業部制組織のデメリット

事業部制組織には各事業部が人材を抱え込んでしまうため、事業部間での人材交流が図られないというデメリットがあります。大きな企業の場合は、別の事業部門は別の会社と同じという雰囲気があることも珍しくありません。

組織の規模が大きくなればなるほど、各部門がより多くて質の良い経営資源を欲しがります。人材や予算などですね。そうなってくると、各部門の能力や将来性を適切に判断して適正な資源配分を行う必要が出てきます。通常、このような調整は経営陣か規模が大きい会社では本社部門が担うことになるため、経営陣もしくは本社部門に調整能力が必要とされます。

また、事業部別の採算性が評価出来るようになるので、場合によっては各部門が短期的な利益のみを追い求め、長期的な視点での事業運営が出来なくなる恐れもあります。

他にも、範囲の経済が働きづらいため経済性に問題が出る場合もあります。

事業部制組織に適した会社

事業部制を取るためには、まず複数の事業を運営している、取り扱っている商品が多い、複数の地域で事業を行っていることが前提となります。

その上で、変化が激しく素早く環境変化に対応しなければならないような会社には事業部別組織が適しているでしょう。

また、将来の経営者候補やビジネス感覚を持った社員を育てたい場合にも事業部制は適しています。

マトリックス型組織

マトリックス型組織とは機能別組織と事業部制組織をミックスした組織形態です。この組織に所属する人は機能部門のリーダーと事業部のリーダーの2人のリーダーを持つことになります。上司が2人いる状態です。

組織形態としては複雑なので、採用している会社は少ないと思います。

マトリックス型組織
マトリックス型組織

マトリックス型組織のメリットとデメリット

マトリック型組織は機能別組織と事業部制組織の良いとこ取りをしようという目的から生まれた組織形態なので、メリットとしては機能別組織と事業部制組織の両方のメリットが得られると言われています。

とはいっても、何事も良いとこ取りというものは難しいものです。当然マトリックス組織にもデメリットはあります。一番のデメリットは上司が2人いるので、指揮系統が混乱するということです。「機能部の上司と事業部の上司のどちらの言っていることに従えばいいの?」という問題が発生します。

上司が2人いるので、責任の所在も不明確になりやすいという問題もあります。また、人事評価についても機能部の意見と事業部の意見のどちらを優先するのかで揉めることもあるでしょう。

このように組織が複雑になるがゆえに非常に使いづらい組織形態ですので、採用する際は起こり得る問題を想定して、それらに対する対策を準備してから採用するのが良いでしょう。

けいなび研修組織
シェアする
スポンサーリンク
けいなび